レッドドラゴン 原料

レッドドラゴンの原料記事一覧

レッドドラゴンの主原料であるランペップとは、卵白のタンパクを特殊な酵素で分解することにより、開発された卵白加水分解物です。ランペップは登録商標名で、一般的には卵白ペプチドと言われます。精力剤やサプリメントに配合され、原材料名に記載するときには「卵白加水分解物」と記載されています。販売サイトや商品パッケージに「ランペップ」と記載できるのは、500mg以上卵白ペプチドを配合している場合のみ許可されてい...

日本人にとって精力剤の原料として一番メジャーな存在であるマカ。もはやその名前を知らない人はいないと思います。精力剤だけでなく女性用の妊活サプリや健康サプリにも使われていてすっかり市民権を得ていますね。マカは南米ペルーのアンデス原産の植物で、2000年前から栽培されており、インカの人々に大切な滋養、栄養源として重宝されていました。マカが生えた土地には数年間他の植物が育たないほど、土地の栄養を吸い上げ...

亜鉛は、人間が生きていくうえで必ず必要な必須ミネラルのうちの1つです。亜鉛は、血液や毛髪、細胞のいたる所に存在し、体内に2〜3gほど存在していると言われています。体内では一切生成されず、ミネラルの中でも、現代日本人にとって亜鉛は特に不足しがちと言われていますので、意識的に食事やサプリメントで摂取する必要があります。亜鉛は無くてはならない栄養素ですが、摂り過ぎにも注意が必要です。成人男性であれば1日...

効きなれない名前ですが、レッドドラゴンの原料には「紅参」というものが使用されています。紅参とは、高麗人参の6年根の皮をむかずに煮る、蒸すなどを行い、水分量が14%以下になるまで自然乾燥させた高麗人参です。つまり滋養強壮に効果があることで有名な高麗人参のさらに高品質版のような存在です。高麗人参だけでも十分に様々な効果が期待できますが、紅参はさらにその上を行くクオリティということです。。高麗人参の加工...

ヒハツはロングペッパーという名前でも知られる通り、コショウに似た植物で、効果についてもコショウとよく似ています。香りはコショウよりもさらにスパイシーで少し甘い香りがします。精力増強には血行を増やしたり身体を温めるのが前提となる基本ですが、ヒハツには冷え症に起因する男性機能の低下を解消する働きがあります。中国やインドの伝統医学でも古くから利用されている植物なので機能性や安全性もお墨付き。ヒハツは冷え...

カツアーバは、日本人にとってあまりなじみのない名前かと思いますが、南米のアマゾンに自生する、最大40mにも育つハーブの木です。その中でも、精力剤として使う時は主に樹皮を使います。それほど有名ではありませんが、実はこのカツアーバは、自然派精力剤の中ではとても強力な原料です。南米では古くから精力剤としてこのカツアーバが使われていて、男性に対しては勃起効果・媚薬、女性に対しては媚薬としての効能があります...