レッドドラゴン ランペップ

レッドドラゴンの原料|ランペップの効果とは?

 

レッドドラゴンの主原料であるランペップとは、卵白のタンパクを特殊な酵素で分解することにより、開発された卵白加水分解物です。

 

ランペップは登録商標名で、一般的には卵白ペプチドと言われます。

 

精力剤やサプリメントに配合され、原材料名に記載するときには「卵白加水分解物」と記載されています。

 

販売サイトや商品パッケージに「ランペップ」と記載できるのは、500mg以上卵白ペプチドを配合している場合のみ許可されているそうです。

 

つまりランペップ配合と書いてある時点で、ある程度配合されているはずなので、効果に期待できるということになります。

 

ランペップの効果

 

ランペップは一酸化窒素を生産し、血管を拡張させるので血流を増加させるのが一番の効能です。

 

勃起力を高めるには、まず身体の血流量を上げる事が前提になります。

 

そうするとペニスへの血流量も増え、海綿体に血液が流れ込み強力な勃起を生み出すというメカニズムです。

 

精力剤の原料として欠かせないアルギニンやシトルリンも同じような働きをしますが、ランペップの方が少量で効果を発揮しますので、精力増強効果はより強力ということになります。

 

 

レッドドラゴンはランペップやマカで性器周辺への血流を増やしつつ、亜鉛などの栄養素で男性機能の根本から強化していくので効き目が実感しやすいという特徴を持っています。

 

公式サイトにもランペップの特徴や効能についての説明がありますので、そちらも合わせて読んでおくとより理解が深まると思います。